新型コロナウイルス感染症(7月23日現在:大連で感染者が確認)

2020/7/23

●7月22日夜、大連市当局は、1名の新型コロナウイルス肺炎の感染確定症例を確認したと発表しました。

●同発表によれば、感染者は西岡区工七巷に在住、某海産品加工企業の58歳男性とのことです。大連市当局は、濃厚接触者は外出を控えること等を呼びかけています。

●これに伴い、軽軌3号線「大連湾」駅の封鎖が発表されています。

●今後の大連市政府の発表する関連情報に注意し、感染予防に十分注意してください。また、大連市と他都市の間の往来する場合は、目的地で隔離等の措置がとられる可能性もありますので、最新情報等にも注意してください。

 

722日付け大連市衛生健康委員会発表(「大連発布」より)(仮訳)

・患者石某、男性、58歳、西岡区工七巷に在住。一人暮らしで、某海産品加工企業の社員(この企業は輸入及び国産の水産品加工、冷蔵等の業務を行っている)。同氏は、発病前14日間は大連を離れておらず、新型コロナウイルス肺炎の確定症例者や、重点地域との往来歴がある者との接触はないと述べている。716日に発熱、だるさなどの症状が現れ、自身で服薬しても改善が見られなかった。72117時ごろ、大連市中心医院の発熱外来を受診し、22日朝に核酸検査陽性、当日大連市疾病予防コントロールセンターで陽性を再確認した。遼寧省の専門家グループの再検査を経て、確定診断症例(普通型)とされた。現在、病状は安定しており、定点病院に転院して隔離治療を行っている。調査した濃厚接触者に対しても集中隔離医学観察を実施している。

(※713日から21日までの行動履歴は、リンク先の本文(中国語)を参照ください。)

・自身と他人の健康のために、症例の行動履歴と関係のある方は、以下のような防護措置を取ること。

しばらく外出せず、適時に社区・村委員会に連絡し、衛生健康部門の要求に協力して隔離と検査を行うこと。

発熱、咳などの症状がある場合、社区・村委員会から120番に救急車や自家用車で病院の発熱外来を受診すること。全行程マスクを着用するとともに、能動的に医者に対して新型コロナウイルス肺炎の患者と接触した可能性があることを申告し、医学観察に協力すること。

https://mp.weixin.qq.com/s/eEfqQ5X9AjrECSyWt4SagA

 

○大連市地下鉄運営有限公司発表のポイント(「大連発布」より)

722日から、軽軌3号線「大連湾」駅を封鎖する。すべての列車は同駅を通過する。地下鉄を利用する際は、マスクを着用し、健康コードを提示し、体温検査に従うようお願いする。

https://mp.weixin.qq.com/s/yKtNUfGbShPRrIA5vqGZuw

 

【在大連領事事務所関連情報】

○新型コロナウイルス感染症特設ページ

 https://www.dalian.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000514.html

○大連市における交通事情等

 https://www.dalian.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000550.html

 

【北京関連情報】

○在中国日本国大使館新型コロナウイルス感染症ホームページ)

 https://www.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/00_000384.html

 

※在留届及び「たびレジ」への登録のお願い

3か月以上滞在する方は、緊急事態に備え、必ず在留届を提出してください。

 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

○転出、帰国などされた方は、「転出(帰国)届・変更届」を提出してください(メール提出可)。

 https://www.dalian.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/zairyu.html

3か月未満の旅行や出張などの際には、外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録してください。

 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html