新型コロナウイルス関連情報(11月9日:大連市での感染状況、大連市からの通告)

2021/11/10
●大連市政府の発表によりますと、11月9日大連市において新たに新型コロナウイルスの市中感染17例の確定症例と、15例の無症状感染者が確認されました。
 
●現在、大連市における市中感染の合計は確定症例62例、無症状感染者70例です。
 
●大連を離れる方は24時間以内のPCR陰性証明を持ち、国務院行程カードと遼事通が緑であると共に、大連を離れるための審査手続きを行わなければならないとのことです。(詳細は以下通告参照)
 
●大連発着の国内便及び高鉄が大幅に減便になるなど、公共交通機関にも影響が出ています。
 
●今後も、感染者数の増加やリスク地域の拡大などの可能性があります。最新の情報に留意するとともに、引き続き感染予防に努めてください。
 
詳細は以下のリンクをご覧ください。
○大連発布:感染状況(11月9日0時-24時)
https://mp.weixin.qq.com/s/gwZj2BKPCZo_mpCYhHUn1g
 
○大連発布:不必要に大連から離れないことに関する再通告
https://mp.weixin.qq.com/s/pEhsiVoa5Vz2DeRufo3Oyg
【抜粋】
大連を離れる人員は24時間以内のPCR陰性証明を持ち、国務院行程カードと遼事通(Health Kit)が緑であると共に、大連を離れるための審査手続きを行わなければならない。党政機関、国有企業事業単位勤務人員は単位が公式レターを発行し、主要な幹部が審査同意し、公印を押すこと。それ以外の人員については、所在の街道(注:町内組織に類似)が公式レターを発出し、街道の主要な指導者が審査同意し、公印を押すこと。集中医学観察を解除され大連を離れる人員は、集中隔離チームが発行する集中医学観察解除証明を所持することで大連を離れることができる。」、「大連を中継(トランジット)して当日大連を離れる人員については、個人としての防護対策を行い、かつ社会システムの中に立ち入らないことを承諾する前提の下、「当日大連到着証」、48時間PCR陰性証明、国務院行程カードと遼事通を確認した後で大連を離れてもよい。中継のため大連を離れるために宿泊するものは、「大連到着証明」及び24時間PCR陰性証明を提供し、国務院行程カードと遼事通を検査された後で大連を離れる。」
※「当日大連到着証」及び「大連到着証明」は航空券や高鉄のチケットなどであるとのことです。