日本サロン

●「日本サロン」とは?
 グローバル化と中国の急激な経済発展に伴い、日中間の交流は経済や文化面も含め各分野に渡って飛躍的に増大している状況下、日本を正しく理解する中国人の存在は益々重要となってきています。当地大連には、日本語を勉強する大学生が3万人以上、小中学校や各種日本語学校を含めると20万人以上の日本語学習者がいるとされており、日系企業も多く、中国国内でもとりわけ親日的な地域であり、日本留学経験者が市政府や大学等で数多く重用されています。「日本サロン」の目的は、このような大連の地域的特性を踏まえ、単に日本語が話せるだけなく、真の日本理解者となる中国人人材を育て、当地における対中政策広報の核とすることを目的とし、大学や語学学校での一面的な語学学習では学ぶことのできない日本と日本人の現状や真の姿を発信し、学習者の日本理解促進を支援することです。
 対象は将来の日中関係の担い手となる若い世代である当地の大学生及び大学院生とし、具体的には当館職員による講義、日系企業職員を招いての講演会、日本人若手社会人との交流、日本の政治、経済の事情の紹介などを行い、それをもとに討論や意見交換などを実施していきます。

2013年度第2回(2013.5.27―30)
2013年度第1回(2013.5.17)
2012年度第2回(2012.12.9)
2012年度第1回(2012.6.6)
2011年度第4回(2011.11.17)
2011年度第3回(2011.11.1)
2011年度第2回(2011.9.28)
2011年度第1回(2011.9.1)