新型コロナウイルス感染症(中国政府発表:有効な三種類の居留許可を有する外国人の入境許可に関する公告(9月28日から))

2020/9/28
●9月23日、中国外交部及び国家移民管理局が、9月28日0時から、中国の商務(工作)、私人事務及び家族訪問(団聚)の有効な居留許可を有する外国人の入境を許可し、新たな査証申請を不要とすること、居留許可の有効期限が過ぎている場合は、当該居留許可と関連資料により査証を申請できる旨の公告を発表しました。
●居留許可の有効期限が過ぎている場合にどのような資料により査証申請ができるかについては、この公告では明記されていません。今後の手続き等詳細は、駐日中国大使館・総領事館にご確認ください。
 

○中国外交部及び国家移民管理局の公告(中国語)
https://www.fmprc.gov.cn/web/wjbxw_673019/t1817369.shtml
 
○上記公告の仮訳
 
有効な三種類の居留許可を有する外国人の入境を許可することに関する中華人民共和国外交部、国家移民管理局の公告
 
 現在の新型コロナウイルス感染症の情勢及び予防・コントロールの必要に基づき、2020年3月26日に外交部と国家移民管理局が連名で発表した「有効な訪中査証、居留許可を有する外国人の入境を暫定的に停止することに関する中華人民共和国外交部、国家移民管理局の公告」の一部の措置に関し、以下のとおり調整する。
 
 2020年9月28日0時から、中国の商務(工作)、私人事務及び家族訪問(団聚)の有効な居留許可を有する外国人の入境を許可することとし、関連の者は新たに査証申請をする必要はなくなる。外国人が2020年3月28日0時以降に期限が過ぎた上述の三種類の居留許可を有している場合には、当該居留許可の所持者が訪中する事由に変更がないとの状況下にあれば、期限が過ぎた居留許可と関連資料により、中国の在外大使館・総領事館に相応する査証を申請し、入境することができる。上述の者は中国側の防疫管理規定を厳格に遵守しなければならない。
 3月26日の公告のその他の措置は引き続き実施する。中国側は防疫・安全が確保されるとの前提の下、中国と外国の間の人の往来を徐々に秩序正しく回復させる。
 
ここに公告する。
 
中華人民共和国外交部
国家移民管理局
2020年9月23日
 

 なお、駐日中国大使館は、9月25日より、日本から中国に渡航する場合、搭乗前3日以内(発行日を基準とする)の新型コロナウイルスPCR検査陰性証明が搭乗手続に必要となる旨を発表しています。詳細は以下のリンク先をご確認下さい。
https://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00225.html
(中国駐日大使館・総領事館指定PCR検査機関リスト(9月18日更新))
http://www.china-embassy.or.jp/jpn/sgxw/t1816068.htm
 
  詳細については、駐日中国大使館等に御確認ください。
(駐日中国大使館・総領事館等の連絡先)http://www.china-embassy.or.jp/jpn/lsfu/oo99/t1603064.htm
 
【問い合わせ先】
在瀋陽日本国総領事館在大連領事事務所
住所:中国遼寧省大連市西崗区中山路147号森茂大厦3F
TEL:0411-8370-4077(執務時間以外は400-820-1192)
http://www.dalian.cn.emb-japan.go.jp/jp/index.html