婚姻届・出生届のご案内
受付時間:休館日を除く月~金の8:30~12:00 13:00~17:00
婚姻届
必要書類 【日本人同士の場合】
(1)パスポート
(2)戸籍謄(抄)本 2通(夫となる者、妻となる者それぞれ2通)
(3)証人の署名(注1)
【日本人と中国人の場合】(注2)
(1)パスポート(日本人)、身分証(中国人)
(2)戸籍謄(抄)本 2通(3ヶ月以内)
(3)婚姻公証書 2通(中国人配偶者の地元公証処で発行)
(4)国籍公証書(中国人配偶者) 2通
(5)上記(3)、(4)の和訳文 各2通
【日本人と中国人以外の外国人の場合】
(1)パスポート(日本人)、身分証(外国人)
(2)戸籍謄(抄)本 2通(3ヶ月以内)
(3)公的機関が発行した婚姻証明書 2通
(4)外国人配偶者の国籍証明書 2通
(5)上記(3)、(4)の和訳文 各2通
届出人 ご本人(日本人)
参考
(注1) 証人(2名)は婚姻届の所定欄に署名、押印する必要があるため、届出人と来館するか、事前に婚姻届を入手し、署名、押印済の婚姻届を持参する必要あり。
日本人同士の婚姻の場合、新本籍地の場所により婚姻届の部数は2~4通となるので、事前に当館に確認して下さい。
結婚後3ヶ月以上経過した場合、婚姻届遅延理由書を任意様式で2通作成する必要あり。
和訳文には、作成年月日、和訳者の氏名の記載及び署名(或いは押印)が必要。
(注2) 中国人との婚姻については、中国人と結婚する際の手続き(http://www.dalian.cn.emb-japan.go.jp/jp/sx6.html)も併せてご確認ください
出生届
必要書類 (1)パスポート
(2)出生医学証明(原本:コピー後返却)
(3)出生医学証明の和訳文 2通
届出人 出生した子の親
参考
出生後3ヶ月以内に届出の必要あり
出生後3ヶ月を経過すると、日本国籍取得ができなくなる場合があります(日本人同士の子を除く)
子供の生まれた病院の住所、本籍地、現住所を事前に確認した上で来館する必要あり
和訳文には、作成年月日、和訳者の氏名の記載及び署名(或いは押印)が必要
両親が日本人の新生児が中国で生まれた場合、出生後1ヶ月以内に出生医学証明(原本)を持って、公安局外国人出入境管理処に届けて下さい(中国外国人出入境管理法実施細則第26条)
<在大連領事事務所>
電話:0411-8370-4077
FAX:0411-8370-4066
Service Content