麻薬等薬物に対する注意喚起
平成26年5月9日
在瀋陽日本国総領事館
大連駐在官事務所
 

 中国は、麻薬、覚せい剤等の密輸など薬物に関わる犯罪に極めて厳しい態度で臨んでおり、常に厳しい取締りが行われ、最高刑は死刑と定められています。中国に渡航・滞在される方は、このことを常に忘れず、麻薬等薬物の違法行為に決して関わることのないよう、十分にご注意ください。自ら薬物犯罪に手を染めないことはもちろん、中身のわからない荷物は預からない、他人に荷物の運搬を依頼されても引き受けないなど、違法行為に巻き込まれないようにくれぐれも慎重に行動してください。

Service Content