風俗犯罪に対する注意喚起
平成26年5月9日
在瀋陽日本国総領事館
大連駐在官事務所

 中国国内では売買春行為は違法です。
 「中華人民共和国治安管理処罰法第66条」では、売買春を行った場合には、10日以上15日以下の拘留に処し、5,000元以下の罰金を併科することができる旨を規定しています。また、これらの処罰のほか、国外退去となり、さらに、その後一定の期間入国禁止となる場合もあります。

 ここで言う「買春」とは、姦淫行為に限られず、前述のとおり性的サービスを伴うマッサージ等が含まれることも注意が必要です。また、行為の前であっても、「買春」の合意があれば、それだけでも処罰の対象となります。過去の事例でもホテルの部屋、自宅、マッサージ店内等、様々な場所、様々な段階での摘発事例があります。

 当地に滞在・渡航される方は、中国の法令を遵守し、このような違法行為は厳に慎むようにして下さい。

Service Content